給湯器が凍結したら?対処法と防止策

寒い地域にお住まいの方には経験があると思いますが、近年では自宅の給湯器が凍結することは稀ではないでしょうか。
とは言っても、1年に1・2回程度の大寒波で給湯器が凍結してしまうことがあります。 事前にできる凍結防止対策、凍結してしまった時の対処法を給湯器ドットコムがお教えいたします。

  1. 給湯器には凍結防止機能が備わっている
  2. 給湯器のどこが凍結するの?
  3. 凍結した給湯器の修理代はどれくらい?
  4. 凍結したときの対処法(水漏れチェック)
  5. 凍結する前にできる防止対策
  6. まとめ
 

①給湯器には凍結防止機能が備わっている

給湯器にはあらかじめ2つの凍結防止機能があり、雪が降るような寒い日でもすぐに故障・凍結してしまうことはありません。

1.自動ポンプ運転 (ふろ給湯器のみ)


おいだき配管に自動で水を循環させることで給湯器が凍結を防止する機能です。気温が5℃以下になり、かつ、浴槽の水が循環口(水とお湯の出入り口)よりも上に残っていれば自動的に作動します。
自動ポンプ運転の凍結防止はあくまで給湯器と浴槽の循環している配管の保護となりますので、給湯器の水道配管部分の凍結防止には効果がありません。

2.給湯器内部に装備されたヒーター (すべての給湯器)


ヒーターで給湯器内部の配管をあたためることで凍結を防止します。ヒーターは給湯回路に装備されています。

ヒーター

こちらも給湯器内部の機能なので、水道配管部分の凍結防止には効果がありません。

※断線の場合はリモコンにエラーコードが表示されます。
このページの先頭へ
 

②給湯器のどこが凍結するの?

給湯器本体は先ほど説明した凍結防止機能により、よほどの低気温でなければ滅多に凍結するものではありませんが、凍結する可能性があるのは
①水道配管部分 ②給湯器本体配管部分 ③おいだき配管部分 ④給湯配管部分
です。圧倒的に多いのは水道水が通るでしょう。

配管全体図

その他、給湯器の接続部分には水抜栓があるため、保温材などの防止対策がうまく施工されていない場合は凍結の原因となります。

このページの先頭へ
 

③凍結した給湯器の修理代はどれくらい?

単純に凍結してしまった場合は温めれば元にもどりますが、破損した箇所によっては修理、交換となり、多額の費用が発生する可能性もあります。

■給湯器以外の配管が破損した場合


配管を交換すれば解決する場合が多いので、町の水道屋さんでも修理が可能です。修理代も数千円~数万円程度でしょう。

■給湯器内の配管が破損した場合


考えられる症状として、次の5つがあります。
①給湯器内部に残った水が凍結し、配管が破損します。
②凍結した部分がとけると破損箇所から水漏れが発生します。
③内部配線と接続している部品に水がかかり漏電します。
④漏電が発生すると電気回路や熱交換器まで故障。機器が漏電を感知し機器内部のブレーカーが落ち、給湯器が停止します。
⑤電気回路が故障すると高額な修理代が発生、さらに熱交換器が破損すると熱交換器の取替え修理になります。

⑤までいくと下記の金額が掛る可能性があります。

電子回路の修理代(基盤)¥40,000程度
熱交換器の交換 おいだき回路¥50,000程度
熱交換器の交換 給湯回路¥60,000程度

※故障の状態や設置業況によって費用は前後します。

製造終了から10年以上経っている給湯器は交換できる部品の供給が終わってしまっている可能性があります。その為、部品の用意出来ない箇所が故障してしまうと修理できず交換となってしまいます。

このページの先頭へ
 

④凍結したときの対処法(水漏れチェック)

1.給湯器のリモコンの運転スイッチを切りましょう。

リモコンスイッチオフ

2.自然に凍結がとけるまで待ちましょう。


外気温が上昇し、凍結した部分がとけるまで待つのをおすすめいたします。
お湯をかけて強制的に溶かすという方法もありますが、給湯器は防水されているとはいえ、電子機器ですのでかけ方によっては更に機器を故障させる原因になることもあります。
ドライヤーやトーチ等で溶かす方法もありますが、保温材やゴムパッキンを傷める可能性もあります。

3.給湯器本体から水漏れがないか確認しましょう。


配管の凍結が自然にとけてお湯がでるようになったら水漏れがあるかチェックをしましょう。
もし水が漏れていたら、漏電を引き起こす可能性があるので給水栓を閉じて速やかに修理手配をしてください。給水栓を閉めても水漏れが止まらない場合は、水道メーターの元バルブを閉める事で応急対応出来ます。
ただし、その場合は家の蛇口やお手洗い等からの出水も止まってしまいますので、あくまで応急と考えておくのがよろしいかと思います。

このページの先頭へ
 

⑤凍結する前にできる防止対策

凍結予防

凍結しにくくするために、給湯器配管まわりにヒーターや保温材(断熱材等)を設置すると、より効果的です。
凍結防止グッズはホームセンターやネット通販でも手に入れる事ができますし、施工業者によっては、給湯器の交換と一緒に凍結防止グッズの販売・設置もしています。
当店でも給湯器用ヒーターの設置工事が可能ですので、お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ
 

⑥まとめ

給湯器は冬の寒い時期に故障が多くなる機器です。凍結での破損・故障を防止するためにも、事前にしっかりと対策をしておくことが大切です。

給湯器の寿命は8~10年と言われています。10年を過ぎた給湯器が凍結で故障したら、修理を依頼するよりも交換となることを想定して早急にお見積りをとるほうが賢明です。

修理するのか交換するのかどちらが得なのかも検討してください。

フリーコール:0120-974-884

お見積りはこちら

このページの先頭へ

公開日:

当店のサービス

トピック無償の10年間工事保証を、交換されるすべてのお客さまに!

工事保証書

「工事保証書」

当店ではメーカー施工基準に則った給湯器の交換工事をさせていただいておりますが、万が一にそなえて独自の「10年間工事保証」を工事させていただいたすべてのお客さまに例外なく「無料」でおつけしております。法定保証期間(1年)の10倍にあたる保証は、業界を見渡してもほとんど見かけることのない特別なサービスです。交換工事に技術に確かな自信があるからできる「10年間工事保証」を、是非この機会にお受け取りください。給湯器の寿命(8-10年)をしっかりカバーします。

このページの先頭へ

トピック1回きりの保証料で、最長10年間製品を保証いたします!

製品保証書

「パーパス社7年保証」

製品保証書

「8・10年製品延長保証」

給湯器が故障した場合にメーカーが保証する期間は、通常1年、BL製品で2年です。給湯器の寿命はおおよそ8年から10年といわれ寿命に対して短すぎるメーカー保証が切れた後でも、安心して給湯器をお使いいただくため、当店では「最長10年(8・10年の選択式)」の製品保証プランをご用意しております。保証料は給湯器交換工事申し込み時にお支払いただく1回のみ。保証期間中は何度でも「修理」が可能で、お客さまのご負担は一切ありません。また、修理代に上限金も設けてもおりません。なお今回に限り、「パーパス社製エコジョーズ」の交換工事すべてに「7年間製品保証」を無料でおつけしております。その他の商品に対する「製品保証」に関しても¥7,500円(税込)~ご用意しております。お気軽にお問合わせください。

このページの先頭へ

交換工事は100社を超える工事ネットワークが誇るスタッフにお任せください!

「片付けは 来た時よりも 美しく」

安達紀彰

マネージャー 安達紀彰

給湯器はお客さまの大切な「住居」に工事によって取り付けます。商品価格がどれだけ安くても、最終的な工事が「ずさん」であれば意味がありません。当店は厳選された工事ネットワークを全国に拡大中で、おかげさまで今や100社を超えるにいたりました。お客さまのもとに赴き交換工事を担当する協力店は、経験年数20年以上(2017年現在)のベテランぞろいです。さらに満足せず、一層のサービスと技術の向上をめざして「各種安全教育」「接客マナー研修」「製品研修」を継続的におこない、お客さまに「まかせてよかった」と「納得」していただける体制づくりに日々とりくんでいます。

このページの先頭へ

トピック当店にいただいたお客さまの声

東京都練馬区のS様より

東京都練馬区のS様より

ふろ給湯器交換工事

迅速に対応して頂き、とても助かりました。 作業中、5才の息子が興味を示して様子を見に行ったりしたのですが優しく対応して下さって嬉しかったです。 ありがとうございました。

奈良県五條市K様より

奈良県五條市K様より

エコジョーズふろ給湯器交換工事

価格も手頃で、工事の日程も素早く対応して、いただきました。工事もていねいで、作業態度もよく、仕上がり、そうじもきれいにしていただきました。

東京都調布市U様より

東京都調布市U様より

エコジョーズふろ給湯器交換工事

前回、実家の工事をやってもらってよかったから。

お客さまの声をもっと読む

このページの先頭へ

給湯器交換工事の流れ

お客さまからのご相談・お見積り依頼

お客さまからのご相談・お見積り依頼

以下の3つからお選びください。専門スタッフが応対いたします。「無料お見積り」と「お問合わせ」からのご連絡は、特に記載がない場合はメールにて返信いたします。

0120-974-884

営業時間9:00~17:30(日祝日をのぞく)

設置状況などのご確認

設置状況などのご確認

フリーダイヤルからのご連絡に対しては、専門スタッフが電話口で既存機器の設置状況や、お客さまのご希望をうかがいます。そのさいに見積りを正確におこなうためお客さまに給湯器の設置写真をお送りいただく場合もございます。手順に関しては専門スタッフがご案内いたします(「無料お見積り」から写真添付)。「無料お見積り」と「お問合せ」メールからのお見積りに関しては原則としてメールにて返信させていただきますが、お見積りなどに関してお伺いしたいことがある場合は、ごちらからご連絡いたします(「お問合せ」からのメールは電話番号記載が必須になっておりませんので、メールのみになります)。

お見積りの提示

お見積りの提示

お客さまのご要望と設置状況を踏まえ、交換工事代金を含めた見積もりをご提示いたします。詳細をお伝えすることになりますので、原則として当店より電話にてご連絡させていただきます。「無料お見積り」は必須となっておりますが、「お問合せ」は電話番号のご記入が必須ではありません。事前に当店までおしらせくださいますようお願いいたします。

購入

購入

ご購入の旨をフリーダイヤルまで直接おかけください。支払方法や交換工事日などをお伺いし調整をいたします。支払方法は【銀行振込】【クレジットカード】【NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)】【分割払い(取付・設置ローン)】の4つがあります。

交換工事

交換工事

交換工事日当日、工事担当者が設置予定の機器を持参し、お客さま宅にお伺いします。状況により異なりますが、おおむね所要時間は半日です。

アフターサービス

アフターサービス

交換工事が完了した日より、アフターサービス期間となります。機器の不調や故障など、お困りのことがございましたら、お気軽にお問合わせください。

このページの先頭へ

給湯器の交換は「安心セレクト給湯器ドットコム」にお任せください

0120-974-884

営業時間9:00~17:30(日祝日をのぞく)