エコジョーズとは?

家計にも環境にもやさしい、エコなガス給湯器。それが 『エコジョーズ

従来の給湯器では捨てるしかなかった『熱』(約200℃の排熱)をエコジョーズは再利用します。
エコジョーズならガスの使用量が減り、ガス代やCO2排出量を削減することができます。
エコジョーズの給湯器を使用するだけで、簡単にエコライフを始めることができます。

エコジョーズのしくみ

一般ガス給湯器(従来のガス給湯器)

ガス給湯器は、水が通った管をガスバーナーで加熱することでお湯を作る器具です。
従来のガス給湯器は、水を一次熱交換器で加熱した際、外部に余分な熱(約200℃の排熱)を捨てていました。熱効率は80%ほど。つまり20%の熱をムダにしていたのです。
エコジョーズ(省エネ型ガス給湯器)

エコジョーズは、今までムダにしていた熱を再利用するため、熱交換器がもう一つ付いています。
まず水が二次交換器を通り加熱され(上図②)、次に一次熱交換器を通り加熱され(上図③)、そしてお湯になります(上図④)。エコジョーズの熱効率はなんと95%! 従来のガス給湯器に比べ約15%もアップしました。
従来のガス給湯器と省エネ型のガス給湯器(エコジョーズ)の違い:エコジョーズは二次熱交換器で温めておいた水を一次熱交換器で温めます
★ポイント★
* エコジョーズと従来のガス給湯器では、お湯を作る機能や能力に違いはありません。
* 給湯器の構造が異なり、ガス使用量が抑えられる点が違いです。

このページの先頭へ

エコジョーズのメリット

家計にやさしい:ガス使用量の削減=ガス代の節約
ガス代が年間約13,600円もおトクに!
エコジョーズは従来のガス給湯器に比べ、少し価格が高いのが実情。しかし給湯器の平均寿命は約10年。長い目で見ると、ランニングコストを節約できるのはとっても魅力的ですよね。
さらにエコジョーズを設置することでガス会社からお得な割引を受けることができたり、自治体から補助金をもらえることがあります。詳しくはご利用中のガス会社、お住まい地域の自治体窓口にお問合わせください。

算出方法【エネルギー消費量(年間/13GJ)※1】【LPガス価格(5.3円/MJ)※2】 〈エコジョーズ LPガス:13.684GJ=13,684MJ(年間ガス消費量)13,684MJ×5.3円/MJ(LPガス価格)≒72,530〉 〈パーパス従来品 LPガス:16.25GJ=16,250MJ(年間ガス消費量)16,250MJ×5.3円/MJ(LPガス価格)≒86,130〉

ガス使用量の削減=ガス代の節約
環境にやさしい:ガス使用量の削減=CO2排出量の削減
エコジョーズはエネルギーを効率よく使う技術を特長とした給湯器です。エコジョーズに切り替えることでガスの使用量が減り、CO₂排出量を約16%も削減することができます。

算出方法【エネルギー消費量(年間/13GJ※1)】 〈エコジョーズ:13GJ÷0.95(熱効率)=13.684GJ=13,684MJ(年間ガス消費量) LPガス:13,684MJ(年間ガス消費量)÷100.4MJ/m³(発熱量)=136.25m³(ガス使用量) 136.25m³(ガス使用量)×6.00kg-CO₂/m³(排出係数)≒818kg-CO₂〉 〈パーパス従来品:13GJ÷0.80(熱効率)=16.25GJ=16,250MJ(年間ガス消費量) LPガス:16,250MJ(年間ガス消費量)÷100.4MJ/m³(発熱量)=161.85m³(ガス使用量) 161.85m³(ガス使用量)×6.00kg-CO₂/m³(排出係数)≒971kg-CO₂〉

ガス使用量の削減=ガス代の節約

※本ページは、パーパスのガス給湯器を例に記載しています。 給湯器のメーカー・機種・ガス種などにより、ガス使用量は異なります。


このページの先頭へ

ドレン排水工事について

ドレン水とは?

従来品とエコジョーズで大きく違う点として、エコジョーズは使用時にドレン水が発生します。ドレン水とは蒸気が冷えて凝縮した水のことです。1日500cc~1500cc程度発生します。エコジョーズで作られるドレン水は燃焼時に作られた窒素酸化物が溶け込んだ酸性の水ですが、機器内の中和器を通り人体に影響がない中性の水として排出されます。

なぜ排水処理をしなくてはいけないのか?

排出される水は人体に影響がないレベルに調整されたものです。なぜこのまま、垂れ流しにしないのでしょうか?エアコンと違い、給湯器は1年中使用します。垂れ流し状態にしておくと給湯器の回りはびしょびしょ、苔むすなど周囲の環境に影響を与えかねません。また冬は凍って滑りやすくなるなど危険です。そこで適切に排水処理をする必要があります。

ドレン排水工事費用とマンションでの設置について

従来品からエコジョーズに交換する場合は、ドレン排水管(1.5m以内の簡易配管)新規設置工事も標準工事に含まれます 。当店ではお客様が現在お住まいの自治体のガイドラインに加え、国交省のガイドライン、周囲や設備の状況を確認し最適なドレン排水工事を行います。
その為、給湯器が設置されている場所の周囲に排水できる環境がない場合、エコジョーズは設置できません。マンションPS設置でのエコジョーズ設置が難しいと言われるのはそのためです。しかし給湯器ドットコムなら大丈夫!PS設置給湯器のエコジョーズへの交換も施工可能(※1)です。施工事例も何件もございますので、是非ご覧ください。
技術的に設置が可能でもエコジョーズの設置をおすすめしない場合がございます。それは追加工事が煩雑になり交換費用が高額になってしまう場合です。適切なドレン排水処理のために給湯器の場所を移動したり、様々なオプション部材を追加すると追加費用も高額になります。多くの方はエコジョーズでの節約効果に期待されますが、初期費用が高額になってしまっては意味がありません。
追加工事が必要なケースはこちら

どういう工事をするのか?

下の写真は戸建の屋外据置設置のエコジョーズ給湯器のドレン水を汚水系統(※2)に排出した場合の施工例です。施工動画も掲載いたしますので、どんな工事が行われるのか是非見てください!

ドレン排水処理例
※1設置状況によってはお断りさせていただく場合もあります。
※2すべての現場で汚水系統への排出させるわけではありません。一例としてご認識ください。

この機会に是非、「エコジョーズ」をご検討ください!
エコジョーズ給湯器の商品一覧ガス使用量の削減=ガス代の節約
このページの先頭へ
公開: