給湯器交換

ちょっと待って!修理の依頼前にセルフチェック!

給湯器が故障してしまったら、まずは、どの程度の費用がかかるのかをチェックしてみましょう。
修理費用もばかになりません。まずは修理費用の概算をつかんで、修理か交換かを判断しましょう。

給湯器の修理費用

こちらに表示される金額はあくまで、給湯器を修理する場合の概算金額となります。

全メーカー エラーコード 一覧

全メーカーのエラーコード一覧です。リモコンに表示されるエラーコードを確認すれば修理費用が
どの程度かかるのか理解することができます。

このページの先頭へ

修理の依頼をご希望の方

給湯器ドットコムでは修理のご依頼を受付しております。ご利用の給湯器機種などの情報と症状を
ご入力いただくだけで、各メーカーへの修理手続きをいたします。

当日または翌営業日に、メーカー修理専門担当者より連絡がございますので、修理が可能か、部品が製造または
在庫しているか確認ください。修理が不可能な場合、無駄な出張費の負担を避けることができます。

保証期間外の場合、修理できなくても基本出張費等がかかりますので、修理担当者に詳しい状況をお伝えください。
製造から10年を超えている製品は修理が可能でも部品がない場合がございますので、交換も視野にいれて 修理依頼を行ってください。

このページの先頭へ

修理依頼の前にお試しください

給湯器が故障した場合、修理依頼の前にチェックしておくことがあります。ひょっとしたら故障ではない場合、
または、復旧が可能な場合がございます。修理依頼前に今一度ご確認ください。

このページの先頭へ

修理か交換か?

まだ使用期間が浅い場合や修理費用が安く済むのであれば修理対応で良いかと思います。
しかし使用期間が想定寿命(10年)を大きく超えていたり、すでに何度か修理しているなら交換をおすすめいたします。
なぜならこうような場合、修理をしてすぐに交換になってしまった事例を実際に何度も見ているからです。
「せっかく修理したのに結局交換」これほどもったいないこともありません。

修理と交換で迷っている方へ
このページの先頭へ
公開日: